静岡県の信用金庫がグルメ観光スポットを紹介

VISIT

模型の系譜一静岡から世界へ プラモデル100年展

プラモデルメーカーの集積地「静岡」

静岡市は世界でも有数のプラモデルメーカー集積地です。今回は今年、創業100年を迎えた「青島文化教材社」(同市葵区)に焦点を絞り、プラモデルの魅力を紹介します。

展覧会で歴史を振り返ると、プラモデルが時代の鏡であることが分かります。

プラモデルは国策で軍事教育の重要性が強調されたころ、木製の飛行機模型づくりが推奨され、生産量を大幅に伸ばしました。

時代の特徴も反映します。「スーパーカーブーム」、映画やテレビドラマの中の登場車両なども、幅広い年齢層のファンを集めました。伝説の乗用車、二輪、軍艦も根強い支持を集めています。

ボックスアートの迫力

見逃せないのが、プラモデルの部品を入れた箱に描かれた完成イメージ図「ボックスアート」です。半世紀以上前の作品からも、迫力、臨場感がひしひしと伝わってきます。
海や空など細部まで表現されていて、作家の作品に対する情熱を感じられます。

https://shizup.jp/wp/wp-content/uploads/2024/07/ながの2ぷらっとアバター用サイズ.jpeg
静岡県信用金庫協会

プラモデルの世界に、どっぷりとひたって、ごゆっくりお楽しみください。

■主    催 駿府博物館、静岡新聞社・静岡放送
■開催期間 2024年7月20日(土)~9月8日(日)
■開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休 館 日 月曜日(※祝日の場合は開館し、翌日休館)
■観 覧 料 一般(高校生以上)800円

 

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
静岡県信用金庫協会

静岡県信用金庫協会

Face to Face この街と⽣きていく

静岡県信用金庫協会は静岡県内に主たる事務所を有する信用金庫を会員とし、信用金庫の健全な発達を図り、もって公共の利益の増進に寄与することを目的として設立された公益性を持つ金融団体です。

  1. 模型の系譜一静岡から世界へ プラモデル100年展

  2. 東海道で結ぶ御宿場印めぐり|静岡県限定1周年キャンペーン|静岡県内22宿場をめぐって♪集めて♪しずおかの特産品をもらおう!!

  3. 企画展 素材にいのちを吹き込む一針金とフェルトの世界

  4. 【しんきんカップ第54回静岡県中学選抜野球大会】春の中学野球王座を争う「しんきんカップ」

  5. 【しんきんCUP第38回静岡県キッズU-10サッカー大会】未来のサッカー日本代表はキミたちだ!!

RELATED

PAGE TOP