静岡県の信用金庫がお届けする地域情報マガジン

VISIT

【浜松の出世パワースポット 元城町東照宮(引間城跡)】

元城町東照宮は明治19年(1886年)引間城跡に、元浜松城主井上苑陵により建立されました。
引間城は徳川家康公が浜松に入ってから浜松城を現在の場所に築くまでの期間、生活を行っていた場所ですが、かつては豊臣秀吉が訪れた城として(豊臣秀吉は16歳から18歳は浜松に住んでいました)、二人の武将を天下人へと導いた場所であり、「出世のパワースポット」といわれています。



① 手水舎
出世祈願の熱い想いの前にまず、ここで心と体を沈め参拝します。
頭上の猫に注目、日光東照宮は「眠り猫」で有名ですが、こちらの猫はしっかり起きています。


② 人の天下人 徳川家康公と豊臣秀吉公
境内に立派な家康公と秀吉公の銅像が立っており、二人の間にある石台は、記念写真の定番スポットとなっています。
先程までの厳かな気持ちが吹き飛ぶインパクトを感じます。


③ 権現道
社殿の左側にある「権現道」は、三方ヶ原の戦いで敗戦した家康が、この小道を通り、西側から逃げたといわれています。


④ 井上延陵の記念碑
元城町東照宮を建立した井上延陵の石碑です。
明治34年に建てられたといわれ、現存する最も古い建造物です。


http://shizup.jp/wp/wp-content/uploads/2022/02/icon_hamamatsu-iwata-300x300.jpg
浜松いわた信用金庫職員

浜松の街中、小高い丘にひっそり佇む「元城町東照宮」。参拝はもちろんですが、綺麗な境内は気持ちよく、静かでとても癒されます。普段のお散歩コースとしてもオススメです。

住所 静岡県浜松市中区元城町111-2
料金 見学自由
交通アクセス ・浜松駅から徒歩20分または浜松駅北口バスターミナル13番、14番のりばから全てのバスで約10分。「浜松城公園入口」下車徒歩5分。
・東名高速道路浜松インターチェンジ出口から東に向かい国道152号との交差点を右折し南下。下池川交差点の1つ南の交差点付近。駐車場は浜松城公園駐車場をご利用ください。
・新東名高速道路浜松浜北インターチェンジ出口から国道152号を南下。下池川交差点の1つ南の交差点付近。駐車場は浜松城公園駐車場をご利用ください。

 

RELATED

PAGE TOP

静岡県の信用金庫から大切なお知らせ

マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与対策の一環としてのお客さまへのお願いです。
詳細を確認する